なぜ短期間で成績が上がるのか?

定期テストの20点アップを目指します!

前年度定期テスト結果
前年度定期テスト結果
  • 最終目標 志望校合格
  • 大目標 定期テストの得点アップ

学校の学習内容を何度も繰り返し、確認テストで実力・定着の把握を行います。

定期テスト前には、類似問題で最終確認を行い、万全な体制で定期テストに臨みます。

定期テストで得点を上げていくことを目標にすることで、達成感を得られ、最終目標の受験に対する基礎力もついていきます。

そのためには日々の学習、そして1週間の学習をきちんとこなしていきましょう。

今週の勉強の様子をみれば、次の定期テストの得点は予想できる。

1週間の勉強の仕方を見ていると、何か月か先にある定期テストの得点もわかります。日々、そして1週間をいい加減に過ごしていると、いい加減な状態が、数週間・数か月と積み重なったものとなり、いい加減な結果となって出てきます。正しく、きちんとした勉強の仕方をしていれば、きちんとした結果に結びつきます。

勉強の仕方の改善

から始めます。

なかなか成績が伸びない人は、勉強の仕方が間違っている人が多くいます。

  • なかなか暗記できない
  • 勉強時間は長いのに身に付かない
  • わかっているはずなのに間違えてしまう
  • 勉強のやり方がわからない

など、いろいろつまずきを持った人が多くいます。サクセスゼミの授業に参加することで、勉強の仕方が身に付く仕組みになっています。

授業で習う⇒復習・宿題をする⇒次の授業で確認テストをする⇒わからないところを解説してもらう

という基本的な流れの中で、正しい暗記の仕方、勉強の仕方を修正し、基本動作を身に付けて行ってもらいます。

正しい勉強の仕方は、「間違ったところに印をつけてやり直す」など、当たり前のことが多いのですが、間違った勉強の癖がついている人は、口で1度や2度指導するだけでは、勉強の仕方はかわりません。寄り添って、修正しながら、正しい方法に導いていきます。